r−31さんに会ってみる

のぞみ会ホームページhttp://www.nozomikai.net/

4月1日。
2、3日前から掲示板で
「実際にお会い出来たら良いですね」みたいな話になり、
r−31さんとのぞみ会で運転をしましょう。と言う事になりました。

細かい段取りをほぼ省略し、午後1時くらいにどっかの駅で会いましょうと言う
それってなんにも決めてないやん的な段取りを私が行い。

虫 、 ま さ か の 1 時 間 遅 刻

この上ない鬼畜っぷりを露呈する事となりつつも何とか合流。
何とかもクソもなくr−31さんを都会のど真ん中に1時間放置した訳ですが……

田端駅北口からウロウロ歩きまして、着きましたのぞみ会。
レイアウトの方の説明はのぞみ会のページに任せるとして、
個人的には運営方法が他とは大きく違うと言うのを感じました。

児童館とかみたいな感じに似てますかね。
使用料が掛かりますが、営利目的と言うよりは維持費としての使用量徴収と言った感じです。
詳しい部分に関しては実際にお出掛けになって運転されるのが一番だと思いますので、

子供が利用する事を前提に考えられた決まりがあったりして、
私の受けた印象としてはとても良かったです。
アットホームな雰囲気とでも言いますかね。
スタッフもボランティアがやっているようですし。
個人的には好きな雰囲気でした。
ちょっとですが撮った画像でもさらしておきます。


左2つがr−31さん所有の183系500番台と2000系、
右半分が虫の183系と2000系。初めて両者の2000系が対面しました。


r−31さんの車両たち。右のキハ58はr−31さんのブログでお馴染みのヤツですね。


ウチの183。後ろの高架を走ってるのカシオペアはかなり低速で走ってたんですが、
私のカメラはソレさえも流れます。



r−31さんの2000系(左)とウチのなんか(右)
同じ設計図から組み立てたとは思えないですね。ええ。
製作者びっくりです。

治安って訳じゃ無いんですが、雰囲気がいいのでウチも2000系でさえも運転出来ました。
運転台から離れて車両見たりしてましたし。
さらに、保線状態がかなり良い事もあり
一部運転してた場所から自分の車両が見えなくなる部分があっても不安になりませんでした。
「いつもよりは空いていた」との事ですが中々の好印象で運転場を後にしました。

このあと、折角だから尾久から電車に乗ろうって事でうろついたら見事に入り口と反対に行ってしまい、
結局尾久客車区を一周する珍プレイをかましました。
いやぁでも客車がいっぱいのシチュは中々無いので良かったです。
歩いてる間ずっと模型とか鉄道とかそんな話してるオタクっぷり全開で
親が泣くんじゃないかって感じでしたよ。

夕飯どうするよ?って話になって、鶯谷にある食堂で夕食を取る事に。
(鶯谷なら田端から一直線なのに尾久から乗ったから上野に行って戻ると言うナイス無駄)
食堂でどんなとこ住んでるの?的なプライベートに土足で上がり込む会話を始め、

r−31さんが「ボクん家来ます?(一部脚色)」などとご乱心な発言をなされたので、
元々何か間違えてる虫は「行く」の2文字です。

ネットで面識があり、年齢がほぼ一緒とは言え、
リアル初対面の人間を家行く虫の無神経さも終わってますが、
脅されたとは言え招待してしまうr−31さんの隙の見せっぷりに若干心配を覚えます(失礼)

そんな訳でr−31さんの家にお邪魔しました。
色々な「実物」をこの目で見てきました。
ブログやウチの掲示板でもおなじみのレイアウトで運転しましたよ!!

こちらも少しですがカメラに記録してきましたのでどうぞ。
まずは2000系で家に来たぜ!!って感じで。

それにしても同じ素材でココまで違うんでしょうね。びっくりですね。
コレがスクラッチの醍醐味って事にしておきましょうかね。

虫の車両なんてのはもうのぞみ会で全部さらして新鮮味の「し」の字のすらないので、
r−31さんの車両を出しては運転して出しては運転して……
なんてあつかましい客人なんですかね俺は。
酒が悪いんだ酒が(たったの缶1個)

見てと言うか話を聞いて思ったのが、
r−31さんはお金をかなり掛けないようにして趣味をやってる印象を受けました。

この185系200番台なんかもいい例ですよ

右に写ってるのはr−31さんの自作車(フリーランス)。勝手に持ち出して撮りました。

この車両、前の旧マイクロエース時代に売られていた製品を中古?購入したもので、
1両6〜700円なんですよ。動力含めて。快調に走ってました。
今のマイクロエースがフルフル塗装とかに使った車体と基本は一緒です。

こう言った私やr−31さんが模型を始める前に売っていたような旧製品がたくさん居ました。

この211系シティーライナー色もそうです。
最近になってリニューアル再生産されましたが、コレは旧製品です。
ケースが現行のねずみ色のケースでは無く青で、動力も旧仕様です。
r−31さんや私もなんですが、この世代の動力が一番好きなんですよねぇ。
若干窓からモーターがはみ出てて、音がうるさいですが良く走ります。
新仕様が発売されるまではプレミアモノだったのですが、
新仕様が出た瞬間に旧製品は価値が急落。
r−31さんは安くなったところでいい物を買ってるようです。

このレイアウト、実際に見ると思っていた以上に工程差があり、
単線エンドレスとスイッチバックがあるだけですが凄く面白かったです。
また同時に、凄く色んな事が考えられて作ってありました。
スタイロがベースで作られているのはまず引越しに対応できるということです。
考えられないくらい軽量です。また、スタイロを使用したのは加工の都合だという事でした。
マンションやアパートなどでジグソーやノコギリを使用したくないって人には
かなり最適な手段だと思いました。
実物を見た感じでは使用上で強度の問題はなさそうですし、
結局床に置くので必要以上の強度はいらないんですよね。
r−31さんはレイアウトの地形再現のためにかなり高い位置に線路の基準高さを設定しています。
そのため、ブログのレイアウト記事に載っているように、スイッチバックのセクション以外は
シーナリーを一切廃したスリムな部分も、後からスタイロを接着すするだけで拡張が可能と言う
凄く画期的な事が可能なんです。木材の台枠では無理なんですが、軽量なスタイロだから出来ることですね。


レイアウトが見れて大満足だったんですが、それと同じくらい嬉しかったのが、
GMキット組み立てや、完成車両でも何かしら手を加えている加工車両が大半を占めていた事です。
やっぱり普通の車両と放つオーラが違います。
そんなのが当たり前にゴロゴロしてるんですから……
ウチの掲示板には恐ろしくレベルが高い人が居るってのを思い知らされました。

この73系は、最初に組み立てた車両だそうです。ありえない。何この完成度の高さ。
全部をツヤあり塗装を筆で塗ったとの事だそうで…

このようにホームの白線が車体に反射しててスゲー良い感じになってます。
ツヤあり塗装ってのはレイアウトありきの塗装だなぁと思ったり。
このホームもブログにあった、自作のホームを今回の運転で俺が勝手に置いただけです。
どれだけ図々しいんだって話なんですが。そこはまぁアレですよ。


おなじホームから、トミックス113系旧製品です。
めちゃくちゃ年代モノなのにちゃんと走ります。
そして安価で手に入れてるんですよ。偉い。
この車両はこれから整備されるそうです。


いやぁ、実に濃い。
r−31さんの模型のスタンスは凄く見習うべきところがいっぱいありました。
夜行列車の「山陰」を再現した編成はヤバかったです。
アレを見ただけでも十分でしたよ。
色んな意味で私のツボな模型の楽しみ方をされてました。
勉強になりましたし、工作意欲も頂きましたw


最後になりましたが、r−31さん
今回はお家にまでお邪魔させていただきまして本当にありがとうございました。
遅刻1時間もして、レイアウトにモノ落とすような最低なヤツですが、
これからもお付き合いいただければ幸いです。(最強のあつかましさ)

本当にありがとうございました。
またお会いしましょう。


2007年4月5日 虫

  プロフィール  PR:無料HP  合宿免許 二輪  ゲーム 制作  バイクの中古部品を探す  スタッドレスタイヤ 交換  タイヤ セレナ 新品  コンサート 専門学校  国産 バイクパーツ  水晶  物流コンサルティング  マスターズトレード 口コミ  ノア トヨタ 中古  マンションリノベーション